エムズ工房

切子教室

切子教室

今年最初の切子教室 今回は以前作ったぐい呑の口が欠けていたのでその補修とシャンパンボトルの加工です。欠けた所を削っていたら…遠心力で飛んでしまい… また欠けてしまいました。 もうこれはぐい呑としては使えません。 小物入れとして使う様に又修正...

切子教室

切子教室

行ける時は毎週行っている切子教室 教室にある道具でアテ(彫る所の線の事)を付けます。自宅でも出来ますが、時間もズレも出てしまうのでやはり道具を使った方が良いのです。 今日は、いつも彫っている歯と違うゆるやかな歯で削ります。 ゆるやかな歯だと...

切子教室

切子教室

前回鯉グラスの底に切子を彫り磨きをしましたが、綺麗になるまでもう少しだったので本日2回目の磨きをしました。 大まかな所は磨けているので今回はもう少し大きな機械で磨きます。 竹で出来ているブラシで研磨します。 いままでブラストしているだけだっ...

切子教室

切子教室

以前サンドブラスト教室で作った鯉グラスの底に切子を彫りました。 そして本日磨きを入れ… 彫るだけでは、クリアーにはならないのですが 磨き粉で彫った所をもう一度磨いていくと、くもりが削れてクリアーになっていきます。 これが又時間を要します。 ...

切子

切子

今回は、八角籠目 と言う彫り方を習いました。 最初に1.5㎝角の正方形を彫ります。四角の角の手前を直線で無く1つづつ彫っていきます。 このよ様な幅で他の部分も彫っていきます。このカットは、最後の調節はあくまでも、8角形を綺麗に整える事を重視...

切子

切子

2個目の課題は、菊かごめ と言う彫り方です。かなり細かい作業になります。 最初に左上の様にクロスを彫ります。 そして右上をクロスに重ねて彫っていきます。 そして左下の模様を更に重ねると右下の模様菊かごめが出来上がります。1.5センチ角の四角...

切子教室

切子教室

10月から気になっていた切子教室に通う事にしました。 伝統工芸なので技術が身につくのには時間がかかると思いますが… 初日はまず板硝子1㎝の升目になる様マジックで線を引きそれに沿って彫っていきます。真っ直ぐ彫っていく事も大変で、曲がってしまい...

Return Top